通信制高校の特徴

通信制高校の特徴とは

日本の通信制高校について

通信制高校とは自学自習を基本とした高校のことです。全日制の高校とは違い、毎日学校に通う必要がありません。通信制高校の多くは主に単位制、それに比べて全日制高校では多くが学年制を採用しています。単位制とは、決められた単位を取得することで進級や卒業が決まるといった制度です。また、学年制とは学年ごとに取得する単位が決められているという制度で1単位でも取得できないとその学年を再度やり直すことになります。そのため単位制の場合、レポート、面接指導、試験を通して単位を取得できれば時間の融通がきくというメリットがあります。

学校と習い事に関する情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校とは別の習い事には All rights reserved